ご挨拶




 この会社は2005年5月にデジタル家電組込みソフト開発の専門会社として設立しました。

過去組込みソフトの開発は、OSなし、アセンブラ言語、小サイズ、少人数で行うのが普通でありましたが、 CPUの高速化、ICのコストダウン、家電のインターネットアクセス等により、組込みソフトのサイズも大容量の時代に突入しました。 これによりC言語、RTOSが普及し、組込みソフトも複雑になってまいりました。

 このような状況で組込みソフトエンジニアと言いながら、アプリケーションしか知らないエンジニアを数多見かけるようになりましたが、 家電のソフトは製品の電源ONからOFFまでの全てをコントロールします。 つまりCPUのアーキテクチャーおよびPORT周辺の回路を理解しなくてはなりません。

 エクスではハードとソフトの接点、つまりファームウェア開発に重点をおき、その知識があってのソフトウェア開発と考えております。 今後組込みの世界もよりグローバルな知識が必要となってきており、エクスではファームウェアを基礎とした上で、 新しい時代のソフト知識を吸収するエンジニア集団として社会に貢献していきたと思っております。